• ホーム
  • まつ毛育毛剤でまつ毛のボリュームが増すメカニズム

まつ毛育毛剤でまつ毛のボリュームが増すメカニズム

多様なカプセル

今あるまつ毛にうるおいを与えたり、まぶたの保湿をすることで間接的にまつ毛を育毛したり増毛したりする効果を期待するまつ毛美容液とは異なり、まつ毛育毛剤は実際にその成分がまつ毛そのものを長くしたり太くしたりする作用がある医薬品として厚生労働省の認可を受けています。
まつ毛育毛剤ルミガンの臨床試験では、四か月の使用で最大長さが25%、太さが16%、濃さが8%増加したというデータがあり、その効果は確かなものだと言えます。
では、まつ毛育毛剤によってまつ毛のボリュームがアップするメカニズムとはどのようなものでしょうか。
まつ毛育毛剤の主成分はビマトプロストという成分で、もともとは緑内障の点眼薬として使われていましたが、副作用としてまつ毛を伸ばす作用があることから研究が進み、ルミガンやラティースといったまつ毛育毛剤として発売されるようになりました。
このビマトプロストには、まつ毛を長くする効果、太くする効果、色を濃くする効果があり、それぞれにメカニズムがあります。
まずまつ毛を長くする効果ですが、これにはまつ毛の毛周期(ヘアサイクル)が関わっています。
毛周期とは毛が生えてから抜け落ちてまた生えるまでのサイクルのことで、毛が生え、成長していく成長期と、成長が止まり、抜け落ちるまでの退行期と、毛が抜け落ちて次の発毛の準備をする休止期から成ります。
ビマトプロストはこの毛周期に働きかけ、成長期を伸ばすことでまつ毛を長くすることができます。
また、ビマトプロストは毛を生み出す器官である毛包を刺激することで、生まれてくるまつ毛を太くする作用があります。
さらに、メラニン色素の増加を促すことでまつ毛の色を濃くします。
これらのメカニズムにより、まつ毛育毛剤を使用することでボリュームのあるまつ毛を手に入れることができるのです。

関連記事
人気記事一覧