• ホーム
  • まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の違いとは

まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の違いとは

カプセルと錠剤と葉

まつ毛は印象を大きく左右するパーツですから、ボリュームのあるまつ毛は女性なら誰もが憧れるものです。
まつ毛をできるだけ長く太くするためにマスカラやビューラー、つけまつ毛、エクステ、パーマなどをする人もいますが、まつ毛やまぶたの皮膚に負荷がかかってしまうことは否めません。
そんな人のために、まつ毛そのものをボリュームアップするためのまつ毛美容液やまつ毛育毛剤が販売されています。
しかし、まつ毛美容液とまつ毛育毛剤、名前は似ていますが、二つはどのように違うのでしょうか。
最大の違いとして、まつ毛育毛剤は医薬品ですが、美容液はそうではないというのがあります。
まつ毛育毛剤には医薬成分であるビマトプロストが含まれており、厚生労働省の認可を受けて医薬品として販売されているため、購入するには医師に処方箋を書いてもらって購入するか、通販や個人輸入代行を使う必要があります。
それに対して美容液は、医薬品ではない分その効果は必ずしも保証されているとは言えませんが、ドラッグストアなどで手軽に購入することができます。
また、まつ毛育毛剤はまつ毛を育毛・増毛する作用があるのに対して、美容液はあくまでも美容液であり、今あるまつ毛を保湿したりすることで質感を高める効果を期待するものであるというのも違いです。
これは含まれている成分の違いからくるもので、まつ毛育毛剤の主成分であるビマトプロストは、まつ毛の成長期を伸ばすことでまつ毛を長くし、毛包を刺激してまつ毛を太くし、メラニン色素を増加させることでまつ毛を濃くする、といったようにまつ毛を直接的に育毛・増毛するように働きます。
それに対して、美容液はハリやコシを与えるヒアルロン酸や、まつ毛の育毛に必要となる成長ホルモンを分泌させる褐藻エキス、まつ毛を保湿するコラーゲンなどが主成分で、今あるまつ毛を補修したり、ハリやコシを与えるために用います。

関連記事